SERVICE 2018-01-24T18:15:57+00:00

Formation processing

化成処理

化成処理剤を反応させて溶液中に金属などを浸し、表面に酸化皮膜を形成する表面処理方法です。
化成処理を行うことで、塗料との密着性を高めたり、外気との接触を低くし耐食性を高めることができます。
弊社ではショットブラスト加工、塗装下地前など、多様に対応させていただきます。用途に応じて、クロムフリーへの対応も行っております。

鉄工用被膜化成処理(リン酸塩皮膜処理)

鉄鋼といわれるものには、強固な酸化スケールに覆われている熱間加工後そのまま冷却されているものや、冷間加工されたもの、参加された表面不可視酸化膜からなるもの、また用途により深絞りを必要とする製品など様々です。

鉄工用皮膜化成処理は多種多様の鉄鋼表面に、環境から素地金属を保護し、腐食を防止する加工です。

また、塗料や接着剤の密着性を高める、素地金属との付着性を高める等、他のマテリアルとの特性を安定させることも可能です。

非鉄用化成処理

非鉄金属材料とは、鉄鋼以外の金属材料で、軽量化や性能の点からあらゆる産業に使用されています。非鉄を使用するにあたって、素材表面には酸化皮膜が出来ており、その上に多くの汚れや油、ごみ、ほこりなどが付着して、塗料や接着剤の密着を妨害しています。化成処理はこれらの表面を化学的に処理して、耐食性を高め、塗料や接着剤の密着性を高める皮膜を構成するために行われます。
弊社は、軽量化を目的とした部品、性能・機能を重視した部品など、アルミニウム、マグネシウム、亜鉛系合金、ステンレスを中心とした非鉄金属素材に、目的に応じた処理方法を選択し、化学的な処理方法で高質な化成処理を行っております。また、近年環境問題がクローズアップされ、その対応要求も多種に渡り、加速化しております。弊社としましても、環境対応を配慮した化成処理を導入展開しております。

Anode oxidation processing

陽極酸化処理

アルミニウム・マグネシウムは、非常に強く酸素と結合する特徴があり、酸化膜を自生します。
この酸化膜は自己保護作用を保ちます。この皮膜を人工的に厚くすることによって、耐久性の向上・防食・磨耗防止・表面硬化などをより高め、いつまでも機能・品質を維持させることが可能となります。
その皮膜を人工的に厚くする手段として、陽極酸化が行われています。

マグネシウム陽極酸化処理

01. 環境調和型陽極酸化処理

本技術は、各種マグネシウム合金製品に対し、従来表面処理方法のような有害物質を全く使用しない環境に調和した表面処理方法です。また、マグネシウムの特徴に挙げられるリサイクル性に関して、クロムやマンガン等の重金属を全く使用しないため、リサイクル性を損なわないことも大きな利点です。また、本技術は従来表面処理方法では実現不可能であった塩水噴霧試験1000時間以上の高い耐食性と塗装密着性を有しており、塗装1コート化、不良率低減によるトータルコストダウンも可能となっております。

02. 導電性陽極酸化処理

これまでに酸化物超導電体に代表される酸化物が導電性を示すことが知られており、マグネシウムを主体とする酸化物でも導電性が発現することは可能と考え、陽極酸化処理皮膜に導電性を持たせることを試みました。現在、電子機器筐体の帯電防止に必要とされる表面抵抗値0.6Ωを満たす0.4Ω以下という高い導電性を有しており、デジタルカメラ部品や携帯電話筐体等に300万台以上市場に出荷されています。

アルミニウム陽極酸化処理

あらゆる産業に広く利用されているアルミニウムは、もともと大気中にある酸素と反応して、表面に非常に薄い酸化皮膜を生成する特徴があります。この酸化皮膜は、時間をかけて0.1ミクロン程度まで自然に成長していきますが、非常に安定した物質でそれ以上の変化をしない性質を持っています。
しかし、傷がつきやすく、環境変化に弱い金属であるため、表面処理が必要とされます。
弊社の陽極酸化処理は、普通アルマイトから硬質アルマイトまで可能であり、また、バフ加工品の製品に付着しているバフカスも化学的に簡単に除去し、電解研磨に匹敵する高光輝仕様の科学研磨を行っております。さらに陽極酸化膜と複合膜を施すことにより、耐食性を上げる塗装下地処理としても最適なアルマイト加工を行っています。

Painting and Assemblin

塗装・組立

各種塗装

01. カチオン電着塗装

環境対応として開発された鉛フリー型カチオン電着塗料を使用し、また、低温硬化型の樹脂を使用することにより、材料への影響を軽減させています。
各種材料に応じた表面処理を行い、その後完全乾燥させるため、ねじ穴・導通部分等へのマスキングが可能です。また、皮膜厚のコントロールが出来ますので、寸法精度を必要とするものに対しても対応可能となっております。

02. 焼付塗装

協力会社による静電塗装制御装置を用いた上塗り・IR型レシプロケータによる塗装を行うことが可能です。

組立検査

スピードを求められる時代の中で、短納期化・在庫の削減等を目的に、一部品だけで納入するのでは無く、周辺部品を取り付けた半完成品で納める一貫生産対応が増えております。また、品質保証する上で、目視では機能確認が出来ない部分については、気密試験等の機械装置を使用しています。
これらのお客様ニーズに応えられる体制と、積極的な技術提供をさせて頂ける工夫を各工場で展開しております。

Research Development

研究開発

研究開発

当社では、早くからマグネシウム合金材へのクロムフリー陽極酸化処理に着目、クロムなどの重金属を全く使用していない環境に優しくリサイクル性が容易で、SST1000時間とかつてない高耐食性で、かつ塗装下地処理としても優れている陽極酸化処理の量産化に成功しています。
また、化成処理に比べ低抵抗皮膜としても安定性に優れる導電性陽極酸化処理技術を、岡山県工業技術センターとの共同研究により開発に成功、現在国内及び国際特許出願※(岡山県工業技術センターとの共同出願)を行っている。
※平成20年8月現在

技術提案

当社は、単に表面処理の受注生産に留まるのではなく、どの分野においても避けることのできない様々な技術分析データの提供、及び、これにより蓄積されたノウハウを基に技術的提案を積極的に行う等、『社会に必要とされる企業』を目指して日々研鑽・努力を重ねております。